鹿児島の脱毛サロン情報「医療脱毛とサロンの違い」

関係悪化にならない勧誘の断り方

エステに通う際、トラブルの原因になりがちなのがスタッフからの勧誘です。
こちらは少しでも少ない費用でキレイになりたいのに対しあちらは商売なので、どんどんお金を使わせようとします。

最近では少なくなってきたとはいえ、それでも一部のエステ店では未だにあります。
勧誘が嫌でエステに通わないという人も多いですよね。

せっかくキレイになろう!と決心してエステに通い始めたのに行くたびに勧誘されたらうんざりしてしまいます。
かといって、あまりはっきり断ってしまうと相手が気を悪くして気まずくなるかもしれません。
もちろん客側には断る権利があるのですが、そんなにうまくいかないのが人間同士の関係です。

関係悪化にならない勧誘の断り方

後腐れなく断るコツは、明言を避けることです。

脱毛のコースにしろ、化粧品にしろ、エステですすめられるものは高額な場合が多いので「主人に相談してみないとお返事できません」などと、うまく断るといいでしょう。

実際、一般の主婦が自分のエステのために大金を自由に使うことは難しいので説得力があります。
主婦ではなくても「彼氏に相談しないと」や「家族に相談してみます」と言えばOKです。

スタッフもノルマが課せられていたりして必死ですから何度断ってもしつこく勧誘してくるかもしれません。
気の弱い人なら思わず負けそうになるかもしれませんが、頑張って断り続けてください。

一度買ってくれるというレッテルを貼られると、何かと勧誘されるようになってしまいます。

ランキング


脱毛器